toggle
回転寿司 まぐろやは、シャリ・ネタ・海苔・お茶にこだわり、最幸の食事時を提供します。
2020-01-14

今年は西南西です

【今年は西南西❗️】

毎度お世話になります。

山の中の回転寿司

まぐろやの西です。

スポンサーリンク

寿司屋が西南西と書いた時点で

勘の良い方は

お分かりになった、と思います。

そうです❗️

恵方巻き❣️

昨年も好評でした“恵方巻き”

販売します。

最後まで読んで頂けたら嬉しい😄です。

================

恵方巻

まず、恵方とは

◯歳徳神(としとくじん)という神様のいる場所を指します。

歳徳神はその年の福徳(金運や幸せ)を司る神様の事で、

年徳、年神様、正月様などとも呼ばれるそうです。

そして、

全国的に普及しだしたのは1980年代に入ってからで、 

売上の低迷する2月頭あたりの“コンビニ”の経営戦略として

恵方巻きが販売されるようになったのです。

はじめは大阪と兵庫県の『ファミリーマート』が先駆けとなり、

 全国的には『セブンイレブン』が1989年に広島で販売し、

翌年から地域を拡大していき、 1998年に全国まで普及したのです。

寿司屋が言うことでは無いですが

いくら、歳徳神の神様に向けての儀式とは言え

「丸かぶり寿司」とも言われる

恵方巻きです。

巻き寿司を1本丸々、無言で食べて

それも、同じ味が続くのはちょっと

拷問に近いような・・・・(笑)

そんな恵方巻きを

美味しくそして楽しんで食べて頂けるように

まぐろやの恵方巻きは

食べて行くごとに“味”が変わります❗️

この、恵方巻きは名古屋市北区にある

「桜鮨」の大将徳田さんに

教えて頂きました。

11種類の具材を3段階に分けて巻く恵方巻きは

途中で飽きることは無いです!

「1本丸々はちょっと・・・」と

思う方には

ハーフサイズもご用意しています。

そして今年はねずみ年

正確には

庚子(かのえね)

2020年は子年ですから、十二支は「子(ね)」で合っています。

その前に干支の一文字目の「干」がなければ干支が成立しません。

2020年の「干」は「庚(かのえ)」です。

なので、今年の干支は庚子(かのえね)

この組み合わせは「相生」と言われて

とても良い組み合わせなんだそうです。

さらに!

2020年と同じ数字がかさなる年は縁起が良いとか

こんな縁起が良い年に

もっと!良いスタートが切れるように

まぐろやの恵方巻き

よろしくお願いします‼️

お申し込みは1月31日まで

受け取りは2月1日〜3日までと

なります。

☎️0966−38−4566 まで

スポンサーリンク

関連記事