toggle
回転寿司 まぐろやは、シャリ・ネタ・海苔・お茶にこだわり、最幸の食事時を提供します。
2020-09-06

まぐろや物語 第6話

ご訪問ありがとうございます。

まぐろや物語も第6話に

ここまで読んでいただいた事

本当に感謝いたします☆

昨日は

「思わぬ出来事」について

お話ししました。

もし,あの時の惨劇を思い出し

気分を悪くされた方は

お許しください。

 

さて、今日は

「信頼」に

ついてお話しいたします。

お恥ずかしい話ですが

最後まで読んでいただけたら

嬉しいです。

====================

チラシを作り、名古屋で勉強し

毎日忙しい日々を送っていました。

ですが・・・

集客しても再来店にはつながらない

売り上げは上がっても

コンサル費と広告費がかさむだけ

現状は一向に

変わらない!

何故だろう・・・・

 

コンサルの講師に相談しても

明確な答えは返ってこない

悶々とした日々を過ごしていました。

そこに

お客様より

1通の手紙が届きます。

見れば差出人は不明。

 

そこには

怒りで、震えたであろう字で

書かれていました。

~~~~~~~~~~~~~~~

先日

お店を利用したものです。

初めて利用させていただきました。

注文の仕方もわからずに迷っていても

従業員の方は誰も教えてくれず、

ましてや

味噌汁が無料サービスである事を

食事が済んで知りました。

もう、2度と利用いたしません。

~~~~~~~~~~~~~~~~

頭をおもいきり殴られたようでした

「俺は何をしているのだろう・・・」

チラシをまき、

集客して売り上げが上がっても

お客様に不快な思いをさせている。

 

忙しさにかまけて

コンサルを受けていれば

大丈夫だと思いあがり

お客様に目を向けないで

売上だけを追う

 

大事にしなければいけない

大切な事を

「慢心」で忘れている

 

情けない思いで

一杯になりました。

チラシをまいて

不満を持ったお客様を

増やしているだけで

 

お客様との「信頼」を

築けていなかったのです。

 

集客するまえに

やらなければいけないこと

忘れていました。

 

「信頼」をつくる

 

これが出来ていない・・・

リピートしない理由です。

 

でも、これだけで

終わりではありませんでした。

 

重なる様に

「まぐろや」の隣の店舗は以前

熊本市で有名な菓房店でした。

すでに撤退しており

1年以上空き家です

そこに

「大型チェーン店の出店」が

決まります。

 

 

寝耳に水です。

 

大型チェーンが参入すれば

おのずとお客様は流れていきます。

 

不安な気持ちでいっぱいです。

 

そして、その年の10月20日

大型チェーン店OPEN!

新規オープンの店は

活気もあり魅力的です。

 

そこから、あれよあれよと

 

毎月50万づつ

売り上げが下がっていきました。

当然、コンサルを受ける

費用や広告費が捻出できません。

 

気持ちは焦るばかり、

このままでは

また振り出しに戻ってしまう。

苦悩の日々でした

 

 

「どうすれば・・・」

 

そんな時1本の電話が入ります。

 

その電話が「まぐろや」を

救う事になるとは

 

その奇跡の

1本の電話について

 

次回。話したいと思います。

人生、諦めない限り

必ず救いの手がある。

この物語を通して

あなたにも色々得るものがあれば

嬉しいです。

 

それでは第7話で

お楽しみに。

 

 

 

Follow me!

関連記事