toggle
回転寿司 まぐろやは、シャリ・ネタ・海苔・お茶にこだわり、最幸の食事時を提供します。
2020-09-17

まぐろや物語 第10話 最終話

まぐろや物語 第10話

早いもので
あっという間に
最終話になりました。

ここまで
お付き合いいただき
本当に嬉しく思います。

店を経営する者としては
恥ずかしい部分までも
正直に書いてきました。

〇名古屋まで行き学ぶ日々

〇熊本地震

〇大型店の進出

〇従妹の子供に救われた事

本当に色々な事がありました。

そして、今日は

まぐろやを立て直して気づいた
「かけがえのない宝」について、
お話ししたいと思います。

============

「あきひろ君」から出された問題点

これらを、家族と従業員で
改善するために

以下のことを実行しました。

〇新しいくなった
 写真入りのメニュー作成

〇ランチの新商品
 「まかない丼」実施

〇350円からの
 お子様セットメニュー開発実施

〇新デザート
「手作りミルクレープ」販売

〇立て看板の作り直し

これらの事をすべて
やり終わったころ

とある日曜日のランチタイムに

お母さんと二人で
来店してくれた小さなお客様

来年の春には
小学校に入学かと思える女の子から

小さな注文用紙に書かれた
手紙をもらいました。

そこには
覚えたての字で

「おいしいおすしをありがとう」

と書かれています。

ニコニコしながら
でも恥ずかしそうに

渡す姿に

泣きそうになりました。

店を立て直す為に
必死に頑張り殆ど休まず

色んな失敗を繰り返し
空回りする日々を過ごしながら

それでも、また前を向いて

やってきた事が

ようやく「つぼみ」に

また

様々な方に声をかけて頂くようになりました。

電話でわざわざ
「手紙ありがとう!
仕事落ち着いたら行くね!」とか

「孫が就職だけん、店でお祝いするけん!」とか

「なんか店が明るくなったね!」とか

「熊本市内で寿司食べたけど、口直しに!」とか

「今、福岡の帰りですけど席予約お願いします!」とか

本当に、昔では考えられないほど
温かい言葉をいただくようになりました。

車で何時間もかけて
毎週土曜日に来て下さるご夫婦や
宮崎から来られるかたも

店は26年経っています

昔ながらの回転寿司です。

ましてや

皿を集めてガチャポンもできません。

最新の設備もありません。

新幹線が席まで運ぶこともないです。

タッチパネルもありません。

テーブルも狭いです。

そんなお店ですが

お客様が笑顔で過ごして下さるように
なりました。

これこそが「まぐろや」の

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「かけがえのない宝」

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

家族がそろって
食事をする時間は

永遠では
ありません。

人の命と時間には
限りがあります。

その尊い時間を

まぐろやで
すごしていただけることは

本当に有難い事です。

まだまだ、

至らぬ点は多々ございます。
それでも、前を見て進んで行きます。

皆さんの笑顔を大切にしながら

家族の大切な時間を
お手伝いできるように

がんばってまいります。

どうぞ、これからもよろしくお願いします。

最後まで

貴重な時間を使って読んでくださり
ほんとに感謝申し上げます。

皆様の日々が良き日でありますように

追伸

今後も不定期ですが
メルマガの配信や
キャンペーンのお知らせなど
喜んでいただける情報など
お届けしますので
今後ともどうぞよろしくお願いします。

またご意見、ご要望
感想などお気軽にお送りいただけると

我々にとって
大きな励みとなりますので
お気軽によろしくお願いします。

メール maguroya03241962@gmail.com
まぐろや 店主  西 芳史

Follow me!

関連記事